高知演劇ネットワーク演会 演劇祭KOCHI2017参加作品
シアホリ連作プロジェクト2017
劇団シアターホリック第23回本公演
「サド侯爵夫人」

  • 劇団シアターホリック第23回本公演「サド侯爵夫人」

【出演】
中平花
山田紫織
安田瀬里奈
小杉村春子(アレーズ)
浜田あゆみ(ふたりっこプロデュース)
畠中昌子(シャカ力)

【スタッフ】
演出:松島寛和
舞台監督:竹本菜津美
舞台美術:塩見敏弘(World Wide Works)
藤島素晴
照明:日野早人(屋根裏舞台)
音響:大藤千映
衣装:渡邊沙織(情熱’ダイヤモンド)大泉怜
宣伝美術:立木幹生(coup company)
映像:岡田和城

制作:劇団シアターホリック

 【あらすじ】
ドナチアン・アルフォンス・フランソワ・ド・サド侯爵は、1772年6月に南仏マルセイユの娼館で起こした「毒殺未遂と鶏姦の罪」により、死刑判決を受け逃亡の生活を余儀なくされている。サド侯爵の妻ルネとその母モントルイユ夫人は、サド侯爵の赦免を願いあらゆる手を尽くすが、ルネの妹アンヌが帰郷した知らせが親子の関係を一転させる。家名、誇り、貞淑、欲望。革命前後のフランスを舞台に、サド侯爵を巡る6人の女性それぞれの想いが交錯する。

【上演日時】
2017年3月17日(金)19時30分開演
3月18日(土)①14時~★PPT/②19時~
※開場は開演の30分前です。
★18日14:00公演終了後、ゲストにUnitout(松山市)の玉井江吏香さんをゲストに迎え、ポストパフォーマンストーク「束縛と解放、マルキ・ド・サドについて一方的に語る」を開催いたします。

【会場】
蛸蔵(高知市南金田28 アートゾーン藁工倉庫内)

※駐車場はアートゾーン全体で使用いたします。台数に限りがありますので、なるべく公共の交通機関か、近隣のパーキングをご利用ください

【料金】
一般前売1,500円/一般当日2,000円
※学生1,000円/学生当日1,500円

【チケット取り扱い】
e+チケット、DUKE SHOP高知、かるぽーとミュージアムショップ、高知県立美術館ミュージアムショップ、藁工ミュージアムショップKIOSK、高知県立大学生協(永国寺・池)
※イープラス、県立大生協ショップ永国寺・池、劇団のみ取り扱い
※当日受付にて学生証の提示をお願いします。

[e+イープラスでチケット購入が可能です!]
PC/携帯: http://eplus.jp
直接購入:セブンイレブン、ファミリーマート
イープラスでの購入方法をご紹介します!
【ファミポート編】
【スマホ編】

【後援】
RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知新聞社、高知シティFM

【お問い合わせ】
・メール theater.holic.2004@gmail.com
・Facebook facebook.com/theaterholic.2004
・Twitter @theater_holic
・Lineシアホリ公式Lineはじめました。劇団からメッセージが届きます。
お友達追加はこちらから@wan6786d


シアホリ連作プロジェクト2017
「束縛と解放/マルキ・ド・サドに迫る」

シアターホリックは2017年に予定している2回の本公演で一つのテーマを取り上げることにしました。 一回の公演だけでなく、長期のプロジェクトとして同じテーマに取り組んで、よりクオリティの高い作品を上演し、また、観客の皆さんとも深くテーマを共有したいというのが目的です。

さて今回は、フランス革命前後、偏執的かつ緻密な論理で狂気の世界を構築し、あらゆるモラルから解放された(もしくはモラルを破った)数多の奇書を手がけた伝説の作家「マルキドサド(サド侯爵)」を取り上げます。2017年春にサド侯爵夫人を、同年秋にサド侯爵の作品をモチーフとした書き下ろしの新作を上演する予定です。

サド侯爵は世界中のあらゆる文化に影響を与えたフランスの文豪です。サディズムの語源になったことでも有名ですが、名前ばかりが先行していて、実際に彼の作品を手にとってみたという人は少ないかもしれません。 彼の作品では目を背けたくなるような悪趣味エログロナンセンス描写がこれでもか!と展開します。その突き抜けた表現にはどこかしら神々しさがありまして、「真実の彼は潔癖で敬虔な価値観を持っているのではないか」とすら思えてきます。ぼくの感じた神々しさって、彼が本当の自由を手にしていたという証拠なのかもしれないなあと思います。

社会制度からもイエスキリストからも自由で、本能に寄り添いながら創作し続けたサド侯爵。彼はぼくたちに何を語ろうとしているのでしょうか。 自由は素晴らしい。その反面、自由が差別や争いにつながってしまうのは、歴史が物語る事実です。何をしてもいいということは、差別や搾取をも認めるからです。 自由は僕たちの手に負えない。 これは、全てのものから解放され、どこまでも想像力を広げていったサド侯爵をぼくたちと一緒に読み直してみませんか?というお誘いです。2017年のシアホリ連作プロジェクトにどうぞご期待ください。

文責 松島寛和

 


高知演劇ネットワーク演会
演劇祭KOCHI2017参加作品
シアホリ連作プロジェクト2017

劇団シアターホリック第23回本公演
『サド侯爵夫人』
作 三島由紀夫

... "【速報】次回本公演情報解禁!次のシアホリは「マルキ・ド・サド」に迫る" を続けて読む


今や夏の風物詩となりましたマエカブ演劇フェスティバル
略してカブフェス2016に今年もシアターホリックが参戦いたします!
今回はなんと2作品を上演(去年もだけどね)
しかもインプロ(即興劇)企画にも出演(もったいぶってるけど去年も出た)
見逃せない二日間!
ぜひともお誘い合わせてご来場ください!


シアホリ出演詳細情報!
たたきチームとさしみチームの2チームに分かれて
それぞれ別の作品を日替わりで上演します。

9月3日土曜日上演/たたきチーム「たたずむひと」
構成演出 松島寛和
出演 山田紫織 中平花 藤島素晴 松島寛和
松の間にて!14時からと17時半からの全2回!

9月4日日曜日上演/さしみチーム「姥捨て」
作・演出 竹本菜津美
出演 竹本菜津美 福田彩香 高木康男(株式劇団マエカブ)
松の間にて!14時半からと13時半からの全2回!

そして昨年から始まったインプロ(即興劇)企画が今年も開催!
「太郎と美和子の恋愛物語2~修羅編(3日)/羅刹編(4日)~」 
太郎と美和子、2人の恋愛の始まりから終わりまでを描く台本のない物語。
県域を越えた19名の役者達の夢の共演が生み出す瞬間の軌跡を見逃すな。
全7話構成、上演時間約50分

[企画・演出]岡田敬弘(株式劇団マエカブ)
[ナレーション]坂口修一
[和太鼓・法螺貝奏者]野中耀博

[出演~修羅編(3日)~]
第1話「出会い、小学生編」
太郎:忽那一樹(シカスカル)、美和子:北原あやか(演劇ユニットそめごころ)
第2話「思春期、中学生編」
太郎:水島憲弘(INAGO-DX)、美和子:遠藤みか(株式劇団マエカブ)、先生:領木隆行(TRY-ANGLE)
第3話「葛藤、社会人編」
太郎:中西一斗(劇団まんまる)、美和子:山田紫織(劇団シアターホリック)、部長:セガワケイ(札幌ハムプロジェクト)
第4話「祝福、結婚編」
太郎:池上諒(株式劇団マエカブ)、美和子:朝日山裕子(雲の劇団雨蛙)、神父:井上琢己(シャカ力)
第5話「奮闘、子育て編」
太郎:三瀬健太(劇団コバヤシライタ)、美和子:竹本奈津美(劇団シアターホリック)、2人のこども:山田はじめ(ピンクホース縁劇団)
第6話「倦怠、修羅場編」
太郎:松井真人(劇団あおきりみかん)、美和子:加藤春菜(シャカ力)、不倫相手:小川晴菜(株式劇団マエカブ)
最終話「別れ、晩年編」
太郎:坂口修一、美和:原かおり(劇団Tempa)

[出演~羅刹編(4日)~]
第1話「出会い、小学生編」
太郎:井上正浩(テアトル・ローマン)、美和子:西園加((劇)アリクイロケット)
第2話「思春期、中学生編」
太郎:西藤将人(劇団ハタチ族)、美和子:こだま、先生:行正忠義(シャカ力)
第3話「葛藤、社会人編」
太郎:佐藤和駿(ドキドキぼーいず)、美和子:宮本はるか(株式劇団マエカブ)、部長:虎哲(TRY-ANGLE)
第4話「祝福、結婚編」
太郎:坂口修一、美和子:米津知実(雲の劇団雨蛙)、神父:高木康男(株式劇団マエカブ)
第5話「奮闘、子育て編」
太郎:三嶋孝弥(株式劇団マエカブ)、美和子:渡邊沙織(情熱'ダイヤモンド)、2人のこども:小川真弘(劇団まんまる)
第6話「倦怠、修羅場編」
太郎:松島寛和(劇団シアターホリック)、美和子 ユカリーヌ(半熟姉妹)、不倫相手:西内捺美(劇団まんまる)
最終話「別れ、晩年編」
太郎:平塚直隆(オイスターズ)、美和子:伊賀千賀子(半熟姉妹)
... "カブフェス2016にシアターホリック参加します" を続けて読む


ついにシアホリがLine@に上陸!!

シアホリが好きな子、気になっている子、もちろん演劇をやるのも観るのも好きな老若男女のみなさん!ぜひ、Line@に遊びに来てください!!

友達登録をする方は以下の友達ボタンかQRコードより登録できます!!

友だち追加数


  • シアターホリック番外公演「アーキテクト」

おはようございます、こんにちは!
シアホリから次回公演のお知らせですよ。要チェックぅ!

演劇祭KOCHI2016参加作品

『アーキテクト』

脚本:行正忠義(シャカ力)、岸田國士、中平花
構成演出:松島寛和

シアターホリックが独自の視点で描く脱構築型短編演劇集スクラップ第三弾。これまでぶっ壊してばかりだったのを反省し、今回は組み立てることにテーマを置きました。脚本に四国劇王(すげえ)シャカ力のゆっきーさんを迎え、シアホリで何度も取り上げてきた岸田さんの「葉桜」と、シアホリからは中平花が新作を書き下ろし、コレデモカ!と何か組み立てます。何が組みあがるんでしょう。何でもないかもしれません。ご期待下さい!

【日時】2016年6月25日(土)・26日(日)
6月25日(土)・・・19:00~
6月26日(日)・・・①14:00~ ★ / ②19:00~

※開場は開演の30分前です。
★日曜お昼の回終演後はポストパフォーマンストークを開催予定!

【会場】蛸蔵 (高知市南金田28)

【料金】
一般前売 1,500円/一般当日2,000円
学生前売 1,000円/学生当日1,500円

チケットは高知市各プレイガイドか、イープラスで発売中
コンビニ(ファミマ セブンイレブン)とネットでお買い求めいただけます。

新人劇団員のれいちゃんとせりーがスマホでのチケットの買い方を紹介しています。要チェック!

しなみと彩那がファミポートでのチケット購入方法をレポートしてます。
こちらも合わせて要チェック!

【お問い合わせ】
劇団シアターホリック
MAIL theater.holic.2004@gmail.com


プレイバックシアターホリック part.2
劇団シアターホリック第16回本公演
「ザ・グレートガールズ・スタンダッププリーズ」

平成23年度(財)高知県文化財団文化助成事業
芸術祭ロゴ平成23年度第61回高知県芸術祭協賛作品

早く、ラクになりたい。

少しは誰かの役にたったのかな。

主宰する劇団が解散し
人生に行き詰まりを感じていた隆は
たまたま通りかかった公園で奈々と出会う。
幾度かのデートを重ねる内に、隆は奈々の心の癒えない傷を知る。
バイト仲間の恵美は、隆が芝居をやっていたと聞き
一緒に劇団を旗揚げしようとけしかける。
恵美は昔に見た演劇が忘れられず
いつか劇団に関わってみたいと夢見ていた。

夢に破れ、
過去に縛られ、
未来に畏縮し踏み出すことができなくなった
絡みそうで絡まない三人のものがたり。

高知公演
2011年11月19日(土)19時00分 11月20日(日)14時00分・19時00分
蛸蔵(高知市北本町4丁目1-23 藁工倉庫)

松山公演
2011年11月26日(土)19時00分 11月27日(日)14時00分・19時00分
ギャラリー新立(松山市築山町12‐23共和ビル1階)

 

作・演出
松島寛和

出演
山田紫織 松島寛和 林幸恵(THEATER PROJECT非常階段)

スタッフ
照明 日野早人(屋根裏舞台)
照明オペレーター 西あずさ(屋根裏舞台)
音響オペレーター 近藤穂香
振付 zoo
舞台美術 井上浩輔(green room)
宣伝美術 竹村直也(Takemura Design & Planning)
制作協力 イケウチマイ(ヒトリマタタビ) 松岡美幸
選曲 松島寛和
制作 劇団シアターホリック

チケット
前売1500円 前売学生限定ペア2000円 当日2000円
※学生ペアは劇団と高知県立大学生協ショップのみの取り扱い

[高知公演] 高新プレイガイド DUKE SHOP高知 高知県立大学ミュージアムショップ
かるぽーとミュージアムショップ graffiti 高知県立大学生協ショップ(永国寺・池)
[松山公演] DUKE SHOP松山 いよてつ高島屋 ジュンク堂書店松山店
明屋書店松山本店

プレイバックシアターホリック part.2 ...
過去にシアホリで上演した作品を再構築して上演するプレイバックシアターホリック。
今回は2本立てとして上演された「the meaning of life」から「ザ・グレートガールズ・スタンダッププリーズ」をチョイス!
松山初上陸となる本公演。そして松山から客演をお迎えするのも初めてのこと。再演ながらも初物づくしのシアホリ最新作にご期待下さい!


演劇祭KOCHI2012 参加作品紫織

シアホリ春の新作はモンティパイソン、ケラリーノサンドロヴィッチを敬愛する主宰松島が、
『oz』以来6年ぶりに満を持して世に放つナンセンスコメディ。

ご飯にかけるのりたまを切らし
情緒が不安定になった恐怖の大王。
それを鎮める為に旅に出た勇者が
雪が降りしきる港町で小料理屋を開店させてしまうまでの一昼夜の物語。

作・演出
松島寛和

出演まなかちゃん
山田紫織 大町愛華 近藤穂香 中平花 松島寛和

スタッフ
照明 日野早人(屋根裏舞台)
照明 他 村上沙耶佳(funny-business&Co.)
音響操作 鎌倉ひかり
大道具 近藤穂香
小道具 大町愛華

美術デザイン 渡邊沙織(劇団花火 )

振付 zooと松島寛和こんちゃん
撮影 谷真奈美
演奏 中越千春
構成 映像 選曲 松島寛和
制作 theater-HOLIC 山田紫織 中平花
イケウチマイ(ヒトリマタタビ)

日時
2014年4月14日(土)19時00分
4月15日(日)14時00分・19時00分

やっちゃいます!ポストパフォーマンストーク
「大好きな朝ごはんについて」というテーマを
劇団員みんなで語り合います。花ちゃん
4月15日(日)昼公演終了後予定

料金
一般前売1500円
当日2000円
前売学生限定ペア2000円
(劇団と高知県立大学生協ショップのみ取り扱い)

チケット
高新プレイガイド DUKESHOP高知 高知県立美術館ミュージアムショップ
graffiti 蛸の本屋さん 高知県立大学生協ショップ(永国寺・池)

松島さん

ー チャプタ― ー
イントロダクション
お母ちゃんの家出
やたらとエロい如月の店員
大学生のお姉さんに相談してみる。
催眠術でポン
テレビ局で
椿三十郎
演歌歌手になろう
明かされるピヨミの過去
ささくらまやオンステージ
エンディング


寂しくなるのは、ナンデ

知ってるようで何にも知らない、女同士の●●な物語。

嫉妬理想が混じり合う建前だらけの言葉の中から、
誰にも打ち明けられない女たちの本音をあぶり出す。

シアターホリックが真骨頂を発揮する、同士の物語。

 

... "VOL.18「女ともだち。」" を続けて読む