おはようございますこんにちは。
シアターホリックの松島です。
先週は第24回本公演「孤独、あるいは…」松山公演にご来場くださいまして本当にありがとうございました。
当日は松山市内で5つほどの公演が重なっておりまして、
また、台風直撃という悪天候のなか...
我々の作品を選んで、なおかつ足を運んでくださったというのは
返す返すもありがたいわけでありまして
感謝感激雨あられなのでございます。
楽しんでいただけたでしょうか。

当日は、本当にたくさんの反応をいただきました。
会場を去る時にお声がけくださる方が多く
直接ご意見を伺うことができました。
みなさんそれぞれの視点でご覧くださったようで
それぞれが違うポイントについて多様な感想を話してくださったのが印象的でした。
嬉しいですね。
お客様とつながってる気持ちになれました。

今回の作品は、現代にマルキ・ド・サドを再現させるのがテーマの1つです。
歴史的にマルキ・ド・サドを見た場合
「そんなことにはなんねえよ!」と現代人の私たちはツッコミを入れたくなりますが
1つ1つ階段を登っていけば、もしかしたらぼくたちもマルキ・ド・サドになってしまうかもしれない。
「そんなことにはなんねえよ!」
心の中でそんなツッコミを入れてもらえたら
そしてどこかしら「もしかしたら…」と薄ら寒い恐怖を感じてもらえてたら嬉しいですね。
いや、ただただ笑ってもらえるだけでもいいんですけどね。

そして松山公演を終えて
しばらくお仕事の都合もあり、
現在劇団はオフ状態になっております。
僕はといえば
今は別件で出張に出ておりまして
今日はお仕事お昼からなので、ビジネスホテルでゴロゴロとしております。
すっかり本番の熱狂が冷めて、作品を振り返る時間ができました。
言うなれば、本番で必死になってかき回された思考の断片が
だんだんとコップの底にでも沈殿していくような感じでしょうか
ブラッシュアップできるポイントが見えてきたような気持ちになってます。

あの貴重で贅沢な時間を共有した松山公演の作品に手を入れて変えてしまうのは
なんだか抵抗がなくもないのです。
でも、良くなるのがわかってるのにやらないのは不健全だし
何より、このブラッシュアップは松山公演あってこそなのですから
それは、言うなればお客さんも製作者としてこの作品に関わってくださったということなんで
そう考えると、皆さんのご意見を作品に反映したいという気持ちが強くなり
もうここは、ズバッと、手を入れるところには手を入れようと決意したわけでありました。
松山公演から進化した「孤独、あるいは…」
今後の動向にご期待くださいませ。

とか大風呂敷を広げながら、お客さんから見ると大した違いじゃないかもしれませんけどね。
でも、この後高知、熊本、名古屋とこの作品をやっていくわけですから、それぞれのお客さんとこの作品でつながって
どんどん成長したいわけですよ。
なんで、ぜひぜひご注目いただきたい
これを読んでいる皆さんにも、劇場へ足を運んでいただき、この作品に関わってぼくの共犯者になっていただけたらと、心から思うのでありました。

高知公演は11月の平日です。
県内外からのお越しを心よりお待ちしております。
それでは劇場でお会いしましょう!

松島寛和

高知公演

2017年
11月21日(火)[1回目]19時開演
11月22日(水) [2回目]18時30分開演
11月27日(月) [3回目]18時30分開演★
11月28日(火) [4回目]18時30分開演

詳しくは http://theaterholic.main.jp/site/yokoku

 

 


お久しぶりです。シアターホリックは今年も「カブフェス」に参加します!
今回は今年の秋に公演予定の第24回本公演、その短縮版を上演します!

今週末!

●日程
2017年9月9日(土)10:00開場(10:30開演)~18:00閉場
2017年9月10日(日)10:00開場(10:30開演)~17:00閉場

演目「孤独、あるいはその抜粋」
作・演出・出演 松島寛和

シアホリは
9/9 12:00〜・15:00〜
9/10 12:00〜・16:30〜
(桐の間2)

インプロ企画
参加団体から出演者を募って即興劇を行うインプロ企画、
シアホリからは松島寛和と山田紫織が参戦!

9/9 17:30〜 
9/10 13:30〜
(大書院)

●場所
香川県高松市:玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」
香川県高松市玉藻町2番1号

●料金
[一般]2,000円 +おひねり制
[高校生以下]1,000円 +おひねり制

http://maekabu.main.jp/kabufes/

チケット購入はこちらから
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002230013P0030001【イープラス】
https://mailform.mface.jp/frms/mamen/6xobmzib5i5q
【Web予約】


ついにシアホリがLine@に上陸!!

シアホリが好きな子、気になっている子、もちろん演劇をやるのも観るのも好きな老若男女のみなさん!ぜひ、Line@に遊びに来てください!!

友達登録をする方は以下の友達ボタンかQRコードより登録できます!!

友だち追加数


演劇祭KOCHI2012 参加作品紫織

シアホリ春の新作はモンティパイソン、ケラリーノサンドロヴィッチを敬愛する主宰松島が、
『oz』以来6年ぶりに満を持して世に放つナンセンスコメディ。

ご飯にかけるのりたまを切らし
情緒が不安定になった恐怖の大王。
それを鎮める為に旅に出た勇者が
雪が降りしきる港町で小料理屋を開店させてしまうまでの一昼夜の物語。

作・演出
松島寛和

出演まなかちゃん
山田紫織 大町愛華 近藤穂香 中平花 松島寛和

スタッフ
照明 日野早人(屋根裏舞台)
照明 他 村上沙耶佳(funny-business&Co.)
音響操作 鎌倉ひかり
大道具 近藤穂香
小道具 大町愛華

美術デザイン 渡邊沙織(劇団花火 )

振付 zooと松島寛和こんちゃん
撮影 谷真奈美
演奏 中越千春
構成 映像 選曲 松島寛和
制作 theater-HOLIC 山田紫織 中平花
イケウチマイ(ヒトリマタタビ)

日時
2014年4月14日(土)19時00分
4月15日(日)14時00分・19時00分

やっちゃいます!ポストパフォーマンストーク
「大好きな朝ごはんについて」というテーマを
劇団員みんなで語り合います。花ちゃん
4月15日(日)昼公演終了後予定

料金
一般前売1500円
当日2000円
前売学生限定ペア2000円
(劇団と高知県立大学生協ショップのみ取り扱い)

チケット
高新プレイガイド DUKESHOP高知 高知県立美術館ミュージアムショップ
graffiti 蛸の本屋さん 高知県立大学生協ショップ(永国寺・池)

松島さん

ー チャプタ― ー
イントロダクション
お母ちゃんの家出
やたらとエロい如月の店員
大学生のお姉さんに相談してみる。
催眠術でポン
テレビ局で
椿三十郎
演歌歌手になろう
明かされるピヨミの過去
ささくらまやオンステージ
エンディング