コンテンツへスキップ

「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」
たくさん取り上げていただいております!

 〈ウェブ〉

ナゴヤ観劇探検ガイド1/8
名古屋の小劇場情報をまとめたサイトです。
我々シアターホリック名古屋公演の制作を担当してくださっている
afrowagenさんが運営されています。

myLIFE1/30
日本全国のパフォーマンス、舞台、展示、イベントなどを紹介するサイトです。
熊本公演情報
名古屋公演情報

ステージナタリー1/27
マルキ・ド・サド連作プロジェクト2作目、シアターホリックが熊本・愛知へ

エントレ1/30
マルキドサドの世界観をモチーフに現代社会の闇
を描く/劇団シアターホリックの松島寛和の一人芝居が
3月熊本・名古屋で上演

mola! 九州の演劇情報をモーラ!するニュースサイト2/16
高知のシアターホリックが3月に熊本で公演

 〈新聞〉
毎日新聞熊本版 1/26
熊本日日新聞 2018/2/28 NEW!
西日本新聞 2018/3/3
NEW!

 〈ラジオ〉
221日(水)熊本シティFM「すいっチ7911215(予定)
シアホリ松島とは高校時代の先輩後輩の間柄で
熊本公演でたくさんお世話になっています
ゼロソーの山田夕可さんに出演していただきます!
当日はサイマルラジオで聞くことができます。お楽しみに!

公演情報はこちらから
熊本公演
名古屋公演


熊本公演が近づいてきました!
2018年3月3日の14時と19時の回は
終演後にアフタートークの開催が決まりました!
同日、昼夜どちらの回もゲストをお迎えしております!

3日(土)昼の回14時~終演後
アフタートークゲスト:池田美樹さん(劇団きらら
テーマ「今年の抱負を語る会/エキシビジョンマッチ」
毎年お正月にプライベートで行われる
松島と劇団きららの池田美樹さんによるファミレス雑談
題して「今年の抱負を語る会」を
なんと終演後に一般公開いたします。
池田さんとは松島が「切れたナイフ」だった高校生の頃からのお付き合い。
そして高知移住の前には
劇団きらら本公演「眠らない瞬膜」に客演で出演しています。

シアターホリックが高知を飛び出して松山へ遠征を始めたのも
県外から客演をお呼びするようになったのも
シアホリでやっていることのアレコレは
実は池田さんとの雑談から生まれていた!
昔話になるのか将来の話になるのか
はたまたごく普通に作品の感想を伺うのか……
予測不能のトークショー、30分くらいの予定です。
お楽しみに!

3日(土)夜の回19時~終演後
アフタートークゲスト:河野ミチユキさん(ゼロソー
テーマ「ぼくらのエログロナンセンス」
今回のシアホリ熊本公演にたくさんのご協力をいただいた
ゼロソー主宰の河野ミチユキさんをお迎えして
エログロナンセンスについて語ります。
というのも、河野さんの最新作
「ピッチドロップ」の脚本を拝読する機会がありまして
頭部だけの陽気な女が研究室にいるというシチュエーションが
もう、エログロナンセンスそのままだなーと感じたのです。
きっとぼくとも好みが合うはず!
というわけでこのテーマにしました。
江戸川乱歩、横溝正史、夢野久作、
日本にはたくさんのエログロ作家がいますし
演劇界では寺山修司も唐十郎も
広い意味では野田秀樹もエログロナンセンスだと思うんですよね。
なぜぼくらはエログロでナンセンスなものに惹かれてしまうのか。
こちらも30分程度を予定しています。
お付き合いくださいませ。

シアターホリック第24回本公演
「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」
[熊本公演 情報詳細]
2018年3月3日(土)[1回目] 14時開演
[2回目]  19時開演
4日(日) [3回目] 14時開演
(2日間3公演)
※全ての公演で開場は開演の30分前です。

料金
前売2,000円 大学生以下1,500円
※当日券はそれぞれ500円upです
学生チケットは当日受付にて学生証の提示をお願いします

チケット取り扱い:e+チケット
チケット受け取り:セブンイレブン ファミリーマート
直接購入:ファミリーマート

場所:花習舎 熊本県熊本市東区東本町1-62-3F

※会場に駐車場はございません。
なるべく公共の交通機関か、近隣のパーキングをご利用ください


2018年3月14日、15日に名古屋伏見のG/Pitにて上演される
シアターホリック第24回本公演「孤独、あるいは…」19時半の回の上演前に
…つまり、開演してから上演までの30分間に
スペシャルイベントを開催いたします!

その名も…
スペシャルアンバサダー(仮)「中内こもる」(劇団中内(仮))氏による「プレシアター(仮)」

何もかもが(仮)ですが、やるのは本当です!
中内こもるさんをゲストに迎え…
何かをやります。
中内さんは東海ラジオ「ラジオ道」などで活躍中の劇作家、俳優さんです。
パワポカラオケグランドチャンピオン2015優勝
ポエトリースラム2017全国大会でも優勝されてます。
即興性のあるステージやソロアクトで輝かしい経歴をお持ちで
松島の一人舞台がくすんでしまわないか心配です…。
今回は高知出身という関係で出演を快諾してくださいました。

プレシアター
僕自身初めての試みですごく楽しみにしています。
お芝居は19時半のスタートですが
お早めにご来場いただいて、ごゆるりとお付き合いくださいませー。
文責;松島寛和

中内こもるブログ「こもる・こもれば・こもる時」

中内さんがプロデュースするイベント
即興演劇バトル「THE SAN-DAI」オフィシャルサイト

2月28日名古屋で全国大会が
続いて3月16日に北海道大会(シアホリ名古屋公演の直後!)
4月には大阪大会が開催されます!
こちらもぜひ!


公演は終了いたしました!
たくさんのご来場ありがとうございました!

「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」
あらすじ
男は大学二年のある日、父危篤の知らせを受ける。
実家に帰省する金すらなかった男は、親友と彼女から金を借りて父の元へ。
しかし父は多額の借金を残したまま亡くなっていた。実家からの支援を失った男は、学費はおろかその日の生活にも困窮し、実入りの良い仕事にはまっていく…。
「誰か」の為では落ちぶれて、エゴイズムならば報われる。マルキドサドの世界観をモチーフに現代社会の闇を描く、劇団シアターホリック代表松島の一人芝居。

原作:マルキドサド
作、演出、出演:松島寛和
制作:劇団シアターホリック
制作協力:ゼロソー

[熊本公演 情報詳細]
2018年3月3日(土)[1回目] 14時開演
[2回目]  19時開演
4日(日) [3回目] 14時開演
(2日間3公演)
※全ての公演で開場は開演の30分前です。

料金
前売2,000円 大学生以下1,500円
※当日券はそれぞれ500円upです
学生チケットは当日受付にて学生証の提示をお願いします

チケット取り扱い:e+チケット
チケット受け取り:セブンイレブン ファミリーマート
直接購入:ファミリーマート

場所:花習舎 熊本県熊本市東区東本町1-62-3F

※会場に駐車場はございません。
なるべく公共の交通機関か、近隣のパーキングをご利用ください


公演は終了いたしました!
たくさんのご来場ありがとうございました!

「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」
あらすじ
男は大学二年のある日、父危篤の知らせを受ける。
実家に帰省する金すらなかった男は、親友と彼女から金を借りて父の元へ。
しかし父は多額の借金を残したまま亡くなっていた。実家からの支援を失った男は、学費はおろかその日の生活にも困窮し、実入りの良い仕事にはまっていく…。
「誰か」の為では落ちぶれて、エゴイズムならば報われる。マルキドサドの世界観をモチーフに現代社会の闇を描く、劇団シアターホリック代表松島の一人芝居。
afrowagen内特別サイトはこちら!

原作:マルキドサド
作、演出、出演:松島寛和
制作:劇団シアターホリック afrowagen  G/Pit

[名古屋公演]
G/PITチャレンジフェスティバル2018参加作品

2018年3月14日(水)[1回目]19時30分☆
3月15日(木)[2回目]16時
(木)[3回目]19時30分☆
(2日間3公演)
※全ての公演で開場は開演の30分前です。

☆19時半開演回の上演前に、スペシャルアンバサダー(仮)
「中内こもる」(劇団中内(仮))氏による
「プレシアター(仮)」を上演いたします。
詳細は追ってご案内します。お楽しみに!

料金
前売2,300円 大学生以下1,000円
高校生以下500円
※当日券はそれぞれ500円upです
学生チケットは当日受付にて学生証の提示をお願いします

チケット取り扱い:e+チケット
予約フォーム:カルテットオンライン
チケット受け取り:セブンイレブン ファミリーマート
直接購入:ファミリーマート

場所:G/pit 愛知県名古屋市中区栄1-23-30 中京ビル1F

※会場に駐車場はございません。
なるべく公共の交通機関か、近隣のパーキングをご利用ください


岐阜県関ヶ原ウォーランドでの一コマ

3月に名古屋G/pitでシアホリvol.24「孤独、あるいは…」を上演しますが
その前に!
初の名古屋公演を記念してプレイベントを行います!
なんとワタクシ松島が会場となるG/pitへお邪魔して
トークライブを開催。
過去のシアホリ作品を一部上映したりして
四国の演劇事情や、ぼくらの本拠地である蛸蔵のことなど
あれやこれやをお話しできたらなーと計画中です。

日時は2月5日。午後7時から。
そして入場は無料です。
お申し込みはメールでholic@afrowagen.netまで。
皆様のお越しをお待ちしています!

こちらのサイトでもご案内しています
Now!Be Engine

場所:G/pit 愛知県名古屋市中区栄1-23-30 中京ビル1F

※会場に駐車場はございません。
なるべく公共の交通機関か、近隣のパーキングをご利用ください


おはようございますこんにちは。
2017年末に松山と高知で上演した第24回本公演
「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」が
なんと熊本と名古屋で上演できる運びとなりました!
いやーめでたい!いやー嬉しい!
熊本はぼく(松島)の出身地でもありますし
名古屋は過去に世界劇団やシャカ力や株式劇団マエカブが作品を上演していて
いつかは行ってみたいツアー先でございました。
松山と高知ではばっさばっさ社会を斬りましたから
熊本名古屋でもばっさばっさ斬りたいと思ってますんで
ぜひともお誘い合わせてご来場くださいませ。
ばっさばっさいきますんで。
ばっさばっさ(気に入ったからなんども口に出したい)。

「孤独、あるいは…」あらすじ
男は大学二年のある日、父危篤の知らせを受ける。
実家に帰省する金すらなかった男は、親友と彼女から金を借りて父の元へ。
しかし父は多額の借金を残したまま亡くなっていた。実家からの支援を失った男は、学費はおろかその日の生活にも困窮し、実入りの良い仕事にはまっていく…。
「誰か」の為では落ちぶれて、エゴイズムならば報われる。マルキドサドの世界観をモチーフに現代社会の闇を描く、劇団シアターホリック代表松島の一人芝居。

【公演詳細】

タイトル
「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」
作、演出、出演:松島寛和

[熊本公演]
2018年3月3日(土)[1回目] 14時開演
[2回目]  19時開演
4日(日) [3回目] 14時開演
(2日間3公演)
※全ての公演で開場は開演の30分前です。

料金
前売2,000円 大学生以下1,500円
※当日券はそれぞれ500円upです
学生チケットは当日受付にて学生証の提示をお願いします

チケット取り扱い:e+チケット
チケット受け取り:セブンイレブン ファミリーマート
直接購入:ファミリーマート

場所:花習舎 熊本県熊本市東区東本町1-62-3F

※会場に駐車場はございません。
なるべく公共の交通機関か、近隣のパーキングをご利用ください

協力:ゼロソー

[名古屋公演]
G/PITチャレンジフェスティバル2018参加作品

2018年3月14日(水)[1回目]19時30分☆
3月15日(木)[2回目]16時
(木)[3回目]19時30分☆
(2日間3公演)
※全ての公演で開場は開演の30分前です。

☆19時半開演回の上演前に、スペシャルアンバサダー(仮)
「中内こもる」(劇団中内(仮))氏による
「プレシアター(仮)」を上演いたします。
詳細は追ってご案内します。お楽しみに!

料金
前売2,300円 大学生以下1,000円
高校生以下500円
※当日券はそれぞれ500円upです
学生チケットは当日受付にて学生証の提示をお願いします

チケット取り扱い:e+チケット
チケット受け取り:セブンイレブン ファミリーマート
直接購入:ファミリーマート

場所:G/pit 愛知県名古屋市中区栄1-23-30 中京ビル1F

※会場に駐車場はございません。
なるべく公共の交通機関か、近隣のパーキングをご利用ください

制作協力:Afrowagen G/Pit


みなさまご機嫌よう。
さてさて、現在シアターホリックでは最新作「孤独、あるいは……」の
高知公演をやっているのでありますが。
次回の上演日であるところの27日月曜日
終演後に予定しております、アフタートーク
「衒学的サド侯爵の夜を村山公一さんと共に」を
生中継で配信いたします。
当日会場までこれないという方、ぜひこちらをチェックしてください。
いただいたアンケートの中からのご質問にもお答えできればと思っております。
時間の制約がありますが……。

18時半にお芝居が始まりますので、終わるのがだいたい19時50分ごろでしょうか
準備が出来次第に中継繋ぎますので
20時前後から起動して待機していただけたらと思います。

主宰 松島寛和


おはようございますこんにちは。
シアターホリックの松島です。
先週は第24回本公演「孤独、あるいは…」松山公演にご来場くださいまして本当にありがとうございました。
当日は松山市内で5つほどの公演が重なっておりまして、
また、台風直撃という悪天候のなか...
我々の作品を選んで、なおかつ足を運んでくださったというのは
返す返すもありがたいわけでありまして
感謝感激雨あられなのでございます。
楽しんでいただけたでしょうか。

当日は、本当にたくさんの反応をいただきました。
会場を去る時にお声がけくださる方が多く
直接ご意見を伺うことができました。
みなさんそれぞれの視点でご覧くださったようで
それぞれが違うポイントについて多様な感想を話してくださったのが印象的でした。
嬉しいですね。
お客様とつながってる気持ちになれました。

今回の作品は、現代にマルキ・ド・サドを再現させるのがテーマの1つです。
歴史的にマルキ・ド・サドを見た場合
「そんなことにはなんねえよ!」と現代人の私たちはツッコミを入れたくなりますが
1つ1つ階段を登っていけば、もしかしたらぼくたちもマルキ・ド・サドになってしまうかもしれない。
「そんなことにはなんねえよ!」
心の中でそんなツッコミを入れてもらえたら
そしてどこかしら「もしかしたら…」と薄ら寒い恐怖を感じてもらえてたら嬉しいですね。
いや、ただただ笑ってもらえるだけでもいいんですけどね。

そして松山公演を終えて
しばらくお仕事の都合もあり、
現在劇団はオフ状態になっております。
僕はといえば
今は別件で出張に出ておりまして
今日はお仕事お昼からなので、ビジネスホテルでゴロゴロとしております。
すっかり本番の熱狂が冷めて、作品を振り返る時間ができました。
言うなれば、本番で必死になってかき回された思考の断片が
だんだんとコップの底にでも沈殿していくような感じでしょうか
ブラッシュアップできるポイントが見えてきたような気持ちになってます。

あの貴重で贅沢な時間を共有した松山公演の作品に手を入れて変えてしまうのは
なんだか抵抗がなくもないのです。
でも、良くなるのがわかってるのにやらないのは不健全だし
何より、このブラッシュアップは松山公演あってこそなのですから
それは、言うなればお客さんも製作者としてこの作品に関わってくださったということなんで
そう考えると、皆さんのご意見を作品に反映したいという気持ちが強くなり
もうここは、ズバッと、手を入れるところには手を入れようと決意したわけでありました。
松山公演から進化した「孤独、あるいは…」
今後の動向にご期待くださいませ。

とか大風呂敷を広げながら、お客さんから見ると大した違いじゃないかもしれませんけどね。
でも、この後高知、熊本、名古屋とこの作品をやっていくわけですから、それぞれのお客さんとこの作品でつながって
どんどん成長したいわけですよ。
なんで、ぜひぜひご注目いただきたい
これを読んでいる皆さんにも、劇場へ足を運んでいただき、この作品に関わってぼくの共犯者になっていただけたらと、心から思うのでありました。

高知公演は11月の平日です。
県内外からのお越しを心よりお待ちしております。
それでは劇場でお会いしましょう!

松島寛和

高知公演

2017年
11月21日(火)[1回目]19時開演
11月22日(水) [2回目]18時30分開演
11月27日(月) [3回目]18時30分開演★
11月28日(火) [4回目]18時30分開演

詳しくは http://theaterholic.main.jp/site/yokoku